カラダの内側から免疫力を高める│食事が変える健康意識

年配
このエントリーをはてなブックマークに追加

肝臓を機能させる

背広のメンズ

肝臓の機能

肝臓にはさまざまな機能があります。その代表的なものとして代謝機能が挙げられます。肝臓では消化器官を通して届けられた栄養を胃や腸などの各器官が必要とする形に変質させます。この機能を代謝機能と言います。食事からいろいろな栄養素を摂取してもそのままだと使うことはできません。肝臓に送られて代謝されることで体内のさまざまな部位で利用することができるというわけです。また、エネルギーの貯蓄機能もあります。眠っているときは人間は何も摂取していませんが、脳は活動中ですので、栄養素を必要としています。肝臓に貯蔵されたエネルギーが脳に供給してくれることで脳の活動をサポートしています。オルニチンが活動をする肝臓にはこのような機能があります。

肝機能の改善効果

オルニチンは肝機能改善効果があります。オルニチンを摂取すると肝臓のさまざまな機能を向上させてくれます。オルニチンには成長ホルモンの分泌を促す働きがあり、この成長ホルモンが肝臓に溜まった脂肪を分解して肝機能が改善されるというわけです。しかも、中高年男性に多い脂肪肝も治療することができます。日本人の3人に1人は肝機能に異常が見られるという統計データがあります。この傾向は年々高くなっているので、中高年はもちろんですが、若い人も将来このようなことにならないように対策をする必要があります。キハダバグロ、パン、シジミなどにオルニチンが多く含まれているので、普段から積極的に摂取するようにしましょう。味が苦手な人はサプリがおすすめです。